テニスエルボーの痛みや症状は?

テニスエルボーの痛みや症状はどのようなものがあるのでしょうか。テニスエルボーの最初の症状としては、ストロークのときに、肘に痛みを感じるようになります。 しかし、プレーが出来ないほど深刻ではありません。 単純に、「肘が痛い」です。 さらにテニスを続けていると、痛む部分が肘から手首にまで広がったり、 動かさずにいても、肘周辺が痛むようになってきます。

この時点では、練習中や試合中、または後に肘の外側や内側に鈍痛を感じるでしょう。 日常の生活では、パソコンの入力作業、マウスクリック、タオルを絞る、物を持ち上げる、下げる、引っ張る、といった作業時に同じような痛みを感じます。 悪化してしまうと、安静時や寝ているときにも、ズキズキとうずくことがあります。

もし今現在、すでにテニスエルボーの痛みや症状を感じている場合、何よりも「絶対安静」が必要になります。 テニス肘は、オーバーユース系障害、いわゆる使いすぎ症候群とも呼ばれる障害なので、まずは負担を与えていた部位を休ませてあげることが大切です。 また、この機会に「テニスエルボーを発症してしまった原因」についても見直してみるといいでしょう。テニスエルボーは、再発性が極端に高い障害となります。