テニスエルボーにテーピング

テニスエルボーにテーピングは効果的なのでしょうか。テニスを続けていく上で、どうしても避けて通れないのが怪我や故障です。 どれだけ気を付けてプレーしていても、やはり怪我をしてしまうときはあります。テーピングはテニスエルボーを軽減する方法として、とても有効です。 テーピングに用いるテープは固定式のものではなく伸縮性のあるものがいいでしょう。テーピングは次のような仕組みで効果を発揮してくれます。

筋肉を伸ばした状態で、テープを筋肉の流れに沿って貼ると、筋肉と皮膚の間に隙間ができます。 これによって血液やリンパ液の流れがよくなり、炎症を起こしていたり疲労でこわばっていたりする筋肉の自然治癒力が高まるのです。 伸縮性テープを使えば初心者でも簡単にテーピングができます。また症状を悪化させてしまうリスクが低い点も注目すべき点です。

各種症状に合わせたテニス肘のテーピング方法をご紹介します。

【バックハンドテニスエルボー】肘を曲げてそのまま肘から手首にかけてテーピングする。

【フォアハンドテニスエルボー】肘の内側から手首にテーピングする。

【痛みを抑える】こぶしを握った状態で腕に巻きつけるようにテーピングする。 症状に合ったテーピング方法がより効果的になります。

テニスエルボーを治療するには様々方法があるわけです。こちらのサイト(テニスエルボーの治療)でも情報が端的にまとまっているので参考にしてみてください。