テニスエルボーを予防するために

テニスエルボーを予防するために何をすればいいのでしょうか。 テニスエルボー(テニス肘)の予防としては練習前の柔軟体操(ストレッチ)、練習後の冷却(アイシング)が最も有効的です。

練習前は筋肉が冷えて硬くなっているため、いきなり強い負荷を掛けると肘を痛めてしまうかもしれません。その結果テニスエルボーに繋がる可能性があります。 ストレッチや温湿布などで温めるなどして、筋肉をほぐしてからプレーを始めましょう。

練習後は痛みが出ていなくても肘周辺に炎症を起こし熱をもっている可能性もあります。氷や冷湿布などで冷やすことも、テニスエルボーを予防することに繋がります。 アイスパックなどを持ち歩けば、簡単に冷却することができるので大変便利です。

子供の頃からテニスエルボーにならないための予防をしていきたいものです。 基本的には大人と同じように、硬いガットを使用しない、ストレッチをよくする、などが効果的です。

子供のテニスエルボーの予防法・スポンジボールの使用・柔らかいガットの使用・無理なグリップでのスピンをやめる 子供の頃からテニスエルボー予防をすることはとても重要です。 また、身体を上手に使ってボールを打つことは、テニス上達に繋がります。

テニス肘を自宅で治す方法・・・このサイトにも予防する方法やサプリに関する情報がまとめられていますね。